次回から「ブログとSNSと私」と検索して下さい

ブログのタイトルはh2タグに絶対入れるべき。【まだ、入れてないの?】

悩む人
・ブログをもっとたくさんの人に見てもらいたい。
・見出しタグh2タグの上手い使い方が分からない。

 

この記事ではこちらのお悩みを解決します。

 

見出しタグをうまく使って、ブログで結果を出しましょう。

また、SEOに効果的な見出しタグ(h2)の裏技の使い方もご紹介するので、最後までご覧ください。

 

これをするかしないかで、あなたのブログの3ヶ月後の結果が変わってきます。

 

この記事を書いている人

 

たこみそ

私たちは、昨年(2019年)の2月24日からTwitterとブログをはじめて、10か月で16000人のフォロワーさんを達成しました。

また、ブログは毎日投稿337日を突破しました。

1日のツイート数は多い日で100ツイート超えで、月間インプレッション数は多い月だと130万超えです。

ツイート術や、ブログ術、円満カップル術、日々の気づきなどを発信しているので、Twitterもぜひご覧ください。

アカウント:
@tamitamitakomi

 

 

ブログのタイトルはh2タグに絶対入れるべき。【まだ、入れてないの?】

 

たこ
タイトルにもある通り、ブログのタイトルを絶対h2タグに入れるべきです。

 

みそ
それってつまりどういうこと?

例えば、今回の私たちの記事のタイトルをご覧ください。

 

今回の記事のタイトルが、

 

ブログのタイトルはh2タグに絶対入れるべき。【まだ、入れてないの?】

 

こちらになります。

 

このタイトルを、見出しにそのまま入れてください。

 

たこ
見出しに入れるというのはつまりは、こういうことです。

 

 

Googleさんが検索順位を決める際に見るのは、あくまで記事の構造です。

 

当たり前ですが、Googleさんが一文字一文字読んでいるわけではありません。

 

なので、しっかり記事のタイトルと自分たちの記事にずれがないことを証明すると、判断がしやすいですよね。

 

なので、大見出しのH2(見出し2)にはタイトルを入れて記事を作成していきましょう。

 

✔︎ 見出し2(h2)にタイトルを同じ内容のまま入れる

 

おまけ:ブログのタイトルは記事内でサンドウィッチにすると、SEOの効果がUP

 

みそ
さらにワンポイント追加でアドバイスさせて頂きます!

実はこの今お伝えした内容をそのまま、まとめでもするとより効果的です

 

まとめにもタイトルを入れることで、書きたいことを書いて話を広げずに、完結に記事をコツにもなります。

 

なので、記事のタイトルでサンドウィッチすることを心がけましょう。

 

たこ
実際に、この記事もそのサンドウィッチ構造が取られていることにはもうお気づきのはずです。

 

まとめ:ブログのタイトルはh2タグに絶対入れるべき。【まだ、入れてないの?】

 

いかがでしたか?

 

今回の記事を通して実際に今から行っていただきたいことは、下の2つになります。

 

  1. ブログのタイトルをそのまま、見出し2(h2)に入れて分かりやすい構造をとる。
  2. まとめにもブログのタイトルを入れてサンドウィッチ構造をとる。

 

みそ
もうできましたか?実際にご自身の記事でもお試しください!

 

この構造を使うことで、下の2つを実現しましょう。

 

✔︎ 記事を完結にまとめて、読者さんに読みやすい記事をお届けする。
✔︎ Googleさんに記事の内容とタイトルにずれがないことをお伝えする。

 

たこみそ
素敵な記事作成をしてください。